風営・深夜酒類

行政書士・寺沢 泉におまかせください!

相談は無料です!
当事務所では初回の方の相談料はいただいておりません。相談料を気にすることなく、なんでもご相談ください。 「ためしに無料相談してみたい」というお客様も大歓迎ですので、まずはお気軽にお問い合せ下さい。

夜間相談もOK!
昼間は忙しくて、なかなかゆっくり相談できない。そんな方も、大丈夫。
夜20:00まで電話を受け付けておりますので、ご都合のいい時間にご相談ください。

懇切丁寧に対応します!
「こんな些細なこと相談していいのかな…」ご安心ください。 小さなご相談ごとも、もちろん大歓迎です。時には提携する司法書士・社会保険労務士と力を合わせて、あなたのお悩みごとを解決するお手伝いをさせていただきます。

風営・深夜酒類

風俗営業とは?

キャバクラ等、客の接待をして遊興または飲食させる営業。おおむね夜12時までの営業。
警察への申請が必要

深夜酒類提供飲食店営業とは?

ショットバー・居酒屋等、夜12時から日の出まで客に酒を提供する営業。
警察への申請が必要

飲食店営業許可の流れ

飲食店営業許可フローチャート

その保健所・警察署により、若干日取り・料金が変わる場合があります。
注:深夜に接客できる営業はありません。

風俗営業などの規制及び、業務の適正化などに関する法律より

接待とは…歓楽的雰囲気を醸し出す方法により、客をもてなすこと。
具体的には…特定少数の客相手に継続して談笑・酒類の提供をし、カラオケや歌唱に興じること。客と身体を密着させたりすること。

PAGETOP
Copyright © kiyoshi terasawa All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
プライバシーポリシー